「松ART exhibition パラリンライブvol.1」

明日は、大麻のcafe もりのすみかで、パラリンアーティストのまつむらさんの個展エキシビションパラリンライブがあります。
まつむらさんは、僕の働くNPO法人の職場仲間です。60を過ぎて絵に目覚め毎日何枚も作品を描き続けています。
ある日、まつむらさんが、持って来たチラシにパラリンアートの募集要項が書いてあり、まつむらさんは、これに応募したいと言いました。パラリンアートとは、2020年パラリンピックに向けて、障害者アートと企業を繋ぐプロジェクトとして、国の内閣府が絡んだ大きな事業です。勿論そこには色んな思惑があったり、賛否ある事業とも言えるかと思いますが、僕はまつむらさんの、好きで好きで描いてきた絵を沢山の人に観てもらいたい、評価してもらたい、という純粋な気持ちを応援したいと思います。今回の、もりのすみかでの個展も、昨年お店を訪れた時、まつむらさんの、「僕の絵をここで飾りたい」という一言から始まったのです。まつむらさんの絵は、何にも囚われない自由な発想とハピネスに彩られ、その眼差はアートに対して人一倍強い意志を持ちます。まつむらさんはかつて僕にこう言いました。「誰の真似もしたくないし、誰にも真似されたくない。僕だけのオリジナルを描きたい」と。
明日のライブには、作者のまつむらさんも在廊します。是非、ライブと共に、まつむらさんの自由で楽しい作品たちを観にいらして下さい。
ライブも自由で楽しい時間になります。
皆さんのお越しをお待ちしています。

モノノケユースケ拝

「松ART exhibition パラリンライブvol.1」
パラリンアーティストの松村亨さんの個展期間中企画として、多様性(Diversity)、自由(freedom)、ありのまま(be yourself)
そんなイメージで開催するパラリンライブです。
松村さんの所属するこころや(NPO法人ライフ)の仲間たや、同居人、呼びかけに応じたアーティストが
自由で楽しいパフォーマンスを披露します。
8月18日(土)
◆会場
cafe もりのすみか(江別市大麻東町13-36)
◆時間
15:30 open/16:00 start
◆出演
モノノケユースケ×yoshito
レンコンズ
松アートウィズファイヤーファイティングマン(from THE人生ズ)
◆料金
¥1500(1ドリンク付き)
※障害者手帳お持ちの方は、¥1000(1ドリンク付き)
◆連絡先
こころやtel 011-614-1871
会場tel 011-378-6163
mail:mononokerock096@gmail.com

◇モノノケユースケ
見えないモノの世界を歌う北海道発妖怪SSW(シンガーソングライター)
ロックバンドムックリタッチ&ミーのフロントマン。
2016年〜劇作家 鷲頭環と音楽劇【妖怪百歌物語】を毎年企画。
ミニアルバム『妖怪百歌物語』4曲入¥1000 を音楽処(4丁目プラザ7F)、札幌近郊のcafeにて販売中!
公式HP→https://mononokerock.amebaownd.com/
◇レンコンズ
福岡出身のあおいと札幌出身のHAR'uでやらせてもらっております。
コントからお芝居から音楽から面白いと思うことを兎に角やってみようか。の精神でやっております。
◇松アートウィズファイヤーファイティングマン
松アート展の為に結成された松アート応援プロジェクトである。
構成メンバーはみな松アート本人と共に暮らす同居人である。
曲目はTHE人生ズの曲をノイジーにカバーしている。
◇yoshito
フリースタイルトランペッター。
声や打楽器、エフェクトなどを駆使し、幅広いパフォーマンスを展開。
「蝦夷吹奏楽団」「蝦夷無国籍楽団」「華と夢の音楽暖」でリーダーを務めるほか多彩なジャンルで活動。
災害チャリティーを初めとしたイベントも自ら企画する。
松村 亨さんのプロフィール
出身地:北海道
子どものころから、絵を描くのが好きでした。若いころは左官業などで精一杯働き、絵を描く暇はありませんでした。
60歳を過ぎましたが、生活介護事業所で軽作業をしながら、絵を描く楽しみを思い出すことが出来ました。
まったくのオリジナルで、頭に浮かんだアイディアを表現しています。今の自分のイメージにいちばん表現できるのが、油性マジックを使った絵を描くことです。
パラリンアートの目的
障がい者アーティストとひとつのチームになり、社会保障費に依存せず、民間企業・個人の継続協力で 
障がい者⽀援を継続できる社会貢献型事業を⾏う。
パラリンアートのサイトURL
http://paralymart.or.jp/artists/details/?id=5b1775c4388fb

0コメント

  • 1000 / 1000