Yusuke

記事一覧(63)

うたの棲むところから、次の景色へ

バースデーワンマンライブから、2週間以上が経ちました。あの時の時間は、身体の記憶としては、忘れてしまったのですが、次の景色に向かおうとしている身体が確かにあることを感じます。改めて、来てくれた皆さん、応援してくれた皆さん、ありがとうこざいました。3ヶ月ほど前、40歳を迎えるにあたり初めてのワンマンライブをすると決めて、どんなライブにするかをあれこれ考えました。同時に、これからの自分の活動をどうしていこうか真剣に考えました。 これから10年、20年歌を歌っていきたい。表現者として生きていきたい。そう思った時に、その為の環境を整えることをしなくてはと考えました。環境とは、自分の活動や音楽のファンを沢山つくること。聞いてくれる人や応援してくれる人がいなければ、終わってしまいますから。自分の音楽をもっと沢山の人に知ってもらいたい。恥ずかしながらこの歳になってようやくそんな欲が出てきました。自分はこれまで、作品を作ることは模索しながら一生懸命やってきたつもりですが、作品をどう広めるかという戦略的視点が欠けていました。音楽マーケティングのことや、今の音楽業界のこと、レーベルのことなど、いろいろ勉強しました。イベントに参加し沢山の業界の方と話したり、声をかけてくれた大阪のレーベルの方と話もしました。自分なりにいろいろ悩んでいる時に、あるブログの一文が、僕の心を貫きました。それは、友人のミュージシャンが、SNSでシェアしていた音楽プロデューサーの故佐久間正英さんのブログでした。

ハポ(母)の物語〜豊川容子さんの言霊

先日は、みんたるにnin cupのライブに行って来ました。ボーカルの豊川容子さんの復帰ライブということで、会場は溢れんばかりの人でした。豊川容子さん。アイヌの伝統歌、舞踊、ユカラ、アイヌ語の オリジナル曲等を交えながら物語のようにライブを展開してゆくnin cupのメインボーカル。倍音を響かせながら立ち上がるボーカルは、虫たちの声、森のざわめき、命の子守唄、太陽の子供の歌の様に木霊し、空気を優しく包み込みます。数年前にSNSでその存在を知り、その歌声にガツンとやられ、この人の歌を生で聴きたい!と思い、直ぐに観に行きました。それからは、もうひたすらファンです。こんな歌声を聴かせてくれる人は、他にいないでしょう。この日は、昨年産まれた赤ちゃんをだっこしながらのライブ。まるでその子に聴かせるように、あなたの産まれたこの世界の秘密を教えるように、この世界の美しさと悲しさを歌に乗せて語るように。なんて綺麗な世界だろう、とひたすらその透明な慈悲の世界に入っていきました。これは僕の勝手な思い込みですが、容子さんの、歌は、ルーツを辿ってそれは容子さんのフチやエカシや祖先の霊だったり、カムイだったり、あらゆるルーツが、容子さんの中に入って歌わせているような気がしてしまいました。まるで、シャーマンの様に、自分の体をそれらに貸して、いや、それらと交わって容子さんは器となって、言霊を響かせる。そんな景色が何度も見えるようなライブでした。皆さんも是非、nin cup、豊川容子さんのライブがあったら是非観に行ってみて下さい!それと、この日のオープニングアクトを務めたアイヌのお笑いコンビ、ペナンペパナンペも、是非観ください!アイヌの神話や生活を題材にしたアイヌギャグは必見です^_^皆さん、お疲れ様でした!