Yusuke

記事一覧(41)

アーカイブ2

またまた過ぎし日の振り返りになってしまいますが、9月30日、朗読家の石橋玲さん、ニシムラタツヤさんのイベントに呼んでいただきました。井上ひさしさんの戯曲「父と暮らせば」を題材に、音楽やボーカルと朗読をコラボするという試み。2日間3公演の中で、ゲストミュージシャンも日替わりで登場し、それぞれの味を出すことで、毎回違う作品になっていくような面白さがありました。 原作のテキストは、原爆の落ちた広島で父も家族も失った主人公の女性が、父の幽霊との会話を通じて、次第に日常を取り戻していく魂の再生の物語。シリアスな場面から、思わず笑ってしまうところ、思わず涙が止まらない場面など、とっても味わい深い作品です。タツヤさん玲さんの熱演にどれだけ音楽で応えられたか分かりませんが、一生懸命やりました。が、反省が残る結果となったので、これを学びとして次に繋げていきたいと思います。朗読と合わせるというのは、ただ音を出すだけではなく、その語りの世界に自分も入っていき、その物語が、欲している音を察する必要があります。語りを演出する、ということでしょうか。それだけに、しっかりテキストをもっと読み込んで、リハに臨むべきでした。反省ばかりいってますが、公演自体は、とても良かったと思います。ボーカルの福島さんの声は、土から這い上がる叫び、パーカッションの俊一さんの音は、日常と非日常の間を行き来する時の音でした。そして、玲さんタツヤさんの、朗読は、既に2人だけで世界が出来ていて、目の前でラジオドラマを聞いているようでした。玲さん、タツヤさん、福島さん、俊一さんありがとうございました!そして、来てくれた皆さん、yue.お店の皆さん(素敵でオシャレなお店!)、ありがとうございました!

アーカイブ

おはようございます☀久々の更新です。9/1のバンドライブからもう1ヶ月経ってしまいました。もっと早く書きたかったのですが、9/6に地震があり、その後も次の企画やイベントの準備などで慌ただしく過ごしておりました。気づけばすっかりこんな時期に、という訳です。今更ですが、改めてこの日来てくれたお客様、ありがとうございました!出演バンドの、スモゥルフィッシュ、マイバード 、ムシニカマル、ゲストのコニシユカさん、NOBUMC、サポートのモノノケヒロシさん、ありがとうございました!スタッフ、PAさん(愛ある音響)ありがとうございました!カメラマンの山田夏蜜さん、ありがとうございました!バンドセットのライブは、昨年の3月以来、約1年半振り(昨年11月の音楽劇はアコースティックセットだったので)でした。リードギターにモノノケヒロシさんを迎え、本当に久しぶりのロックバンドのムックリを見せれたことが嬉しかったです。相変わらずトラブルもありましたが、それも良い方向にいけたし、新曲も沢山褒めていただいたので満足です(^^)また、この日は、マイバード さんとのコラボで新しいモノノケサウンドを披露出来たこともとてもスペシャルでした。CDも用意していた分は完売しました!ご購入いただいた皆さんありがとうございました!メンバーの事情もありフルメンバーでのライブは中々難しいですが、1年に1回でも2回でも頑張ってやっていきたいと思っています。今後ともモノノケユースケとムックリタッチ&ミーを宜しくお願いします!次回のムックリのライブはまだ決まってませんが、昨年に引き続き11月の妖怪百歌物語(11/10〜11琴似パトスで開催)のニライカナイバンドに僕やメンバーが参加します。こちらも是非、宜しくお願いします!この日のセトリです。1、百鬼夜行夜の屍を喰らう2、世界孤独少年3、件の唄予祝の声(新曲)4、妖怪ダンスだおっかさん5、音の無い世界マイバード さんとのコラボ姑獲鳥に恋をした女の子

「松ART exhibition パラリンライブvol.1」

明日は、大麻のcafe もりのすみかで、パラリンアーティストのまつむらさんの個展エキシビションパラリンライブがあります。まつむらさんは、僕の働くNPO法人の職場仲間です。60を過ぎて絵に目覚め毎日何枚も作品を描き続けています。ある日、まつむらさんが、持って来たチラシにパラリンアートの募集要項が書いてあり、まつむらさんは、これに応募したいと言いました。パラリンアートとは、2020年パラリンピックに向けて、障害者アートと企業を繋ぐプロジェクトとして、国の内閣府が絡んだ大きな事業です。勿論そこには色んな思惑があったり、賛否ある事業とも言えるかと思いますが、僕はまつむらさんの、好きで好きで描いてきた絵を沢山の人に観てもらいたい、評価してもらたい、という純粋な気持ちを応援したいと思います。今回の、もりのすみかでの個展も、昨年お店を訪れた時、まつむらさんの、「僕の絵をここで飾りたい」という一言から始まったのです。まつむらさんの絵は、何にも囚われない自由な発想とハピネスに彩られ、その眼差はアートに対して人一倍強い意志を持ちます。まつむらさんはかつて僕にこう言いました。「誰の真似もしたくないし、誰にも真似されたくない。僕だけのオリジナルを描きたい」と。明日のライブには、作者のまつむらさんも在廊します。是非、ライブと共に、まつむらさんの自由で楽しい作品たちを観にいらして下さい。ライブも自由で楽しい時間になります。皆さんのお越しをお待ちしています。モノノケユースケ拝